いっそのこと二人だけでやるというのもいい

結婚式は誰のためにするか

結婚式をしたいと望むのは、女性でしょうけど、女性の全員が望むわけではないですよね。そういうことはやりたくない、と思う女性も中にはいます。その場合は新郎も新婦もやりたくないと思っていることになります。二人ともやりたくないと思っているのに、なぜやるか。それは同調圧力に抗するのが面倒だから、というケースもあるでしょう。都市部なら別ですが、地方だとそういうことって多そうです。やるのが当然とされている中で、やりません!で通すのってたいへんです。

披露宴はしないで式だけに

お金がかかるのは披露宴ですから、これをなしにできれば、費用はいくらでも下げられそうです。世間体とか親とかの関係で、何もしないわけにはいかないときは、式だけやるってことにしたいものです。これに写真撮影がプラスされれば、その時点でもその後も、体裁が保てそうです。式への参列者はなるべく少なくしておきたいですね。披露宴なしでお帰りいただくわけなので、気心の知れた人たちに限定したいものです。親兄弟だけでもいいんじゃないでしょうか。

いっそのこと二人だけで

本当に格安に済ますのだったら、役所に婚姻届けを二人で出す行為が結婚式、と思って、それだけで済ますというのもありじゃないでしょうか。結婚式の費用を抑えたいと思うってことは、結婚式自体に価値を見出してないってことですよね。セレブな有名人でも、結婚届けだけ出して、結婚式も披露宴も行わないってことあるじゃないですか。やりたくないものを嫌々やる必要なんてないですよ。その費用を新生活に充てたほうが、ずっと有意義でしょう。二人とも結婚式をするのに乗り気じゃない場合に限った話ですけど。

日本各所にあるリゾート地では2人だけ、または家族のみの格安の結婚式ができるところがあります。良い景色と共に思い出に残る結婚式となるでしょう!