今まで間違っていた!?意外に知らないご祝儀に関する3つのマナー

ご祝儀の相場にういて

結婚式に出席する際に悩む事の一つに、ご祝儀があります。少なすぎるとケチと思われたり、多すぎると見栄っ張りと思われたりして、なかなか難しいものです。また、地域や家系によって異なってきます。目安としては、新郎新婦が友人の場合は、2~3万円が相場となります。昔は、二という数字は二つに割れる事を連想させてしまうため避けられていたのですが、現在ではカップルを意味するという事で2万円を包む事も許されてきています。新郎新婦が親族の場合は、招待された人数に合わせるようにして3~10万円を目安としましょう。夫婦で参加する場合は、5~10万円が目安となります。

ご祝儀袋の包み方について

結婚式に出席する際には、ご祝儀袋はふくさに包んで持って行くようにしましょう。御祝儀袋をそのままの状態で渡すのは、マナー違反となりますので注意が必要です。そして会場の受付でご祝儀袋を渡す際には「本日はおめでとうございます」と一言添えるようにしましょう。そして鞄などからふくさを取り出し、受付でふくさを開いてご祝儀袋を取り出すようにします。それから相手に文字が読める方向に向けて、両手を添えて渡すようにしましょう。

欠席する場合はどうすればいい?

結婚式に出席すると返信していたが、急用で参加出来なくなった場合は、結婚式当日に渡す予定だったご祝儀袋をそのままの状態で渡すようにしましょう。結婚式に出席しないでも、料理や引き出物はもうすでに発注している状態になります。そのため急なキャンセルは出来ないので、その事のお詫びとしてご祝儀全額を渡すのがマナーとなります。1~2週間前に欠席する事が分かった場合には、まだ料理や引き出物のキャンセルが効きますので、三分の一から二分の一程度のお祝い金かお祝いの品を贈るようにしましょう。

鶴岡八幡宮で結婚式に申し込むには、数十万円以上の費用が必要となるため、じっくりと予算を検討することが大切です。