ズバリ、少人数制の結婚式の良さってどんなところ?

新郎新婦を身近に感じられる

少人数の挙式は、レストランウエディングや神社での式など、あまり広くないスペースの中でこじんまりと行われます。その結果、ゲストと新郎新婦の席とが近く、二人を身近に感じられるでしょう。広い披露宴会場などでは、高砂席にいる新郎新婦が遠く、そばへ行くのが躊躇してしまう場合もあるかもしれません。そこで新郎新婦がゲストのみんなと触れ合うために部屋を歩いて回るなどの企画が行われることもあるでしょう。少人数の場合は部屋は狭いけれども、そのおかげで自然と新郎新婦と話したり一緒に写真を撮ったりできますよね。二人との距離を感じずにいられる点は、大きなメリットといえるでしょう。

ゲスト同士もお喋りができて一体感を感じられる

少人数の結婚式では、食事や余興などの際にゲスト同士も楽しく自然とお喋りができて、お互いみんなが親近感を感じやすいでしょう。両家の親族同士も、顔合わせを兼ねて仲良くなれる良い機会になります。カラオケなどの演出やゲームでも、少人数であれば全員が一体になって楽しめる良さがあります。会場の中でみんなの顔が見れて、新郎新婦とどのような関係にあたる人であるかも分かりやすく、アットホームなシチュエーションが作りやすいでしょう。

ほかにも招待したい人がいる場合、こんな工夫も・・・

少人数の結婚式は呼べる人数が限られており、友人が多い新郎新婦などは呼びたくても呼べない人が出てくる場合もあります。できることならたくさんの人に、祝福して欲しいと考えるカップルもいるでしょう。その際のひとつの手段として、メインとなる挙式とは別に、挙式後やもしくは後日に、二次会式を開くと良いですね。二次会式には、メインの式に呼べなかった大切な人を招待しましょう。最近は貸切ができるカフェやイタリアンレストランなども増えているので、そうした場を借りて第二のプチ結婚式を行いましょう。

結婚式なら親族のみで食事会のような規模の小さいパーティ形式で顔合わせをするのがおすすめです。費用も少なくて済みますし、気を使わずに済むのでアットホームな雰囲気になります。